FC2ブログ
="outline">

鹿児島の弁護士 向総合法律事務所のブログ

鹿児島県弁護士会所属の弁護士向和典が所長を務める「向総合法律事務所」のスタッフブログです。主に鹿児島のニュース、情報について書いていきます。
鹿児島の弁護士 向総合法律事務所のブログ TOP > 本の紹介 > ウィトゲンシュタインの火かき棒

ウィトゲンシュタインの火かき棒

判例タイムズ1294号(2009年6月15日号)43頁以下に、濱口浩判事による「ウィトゲンシュタインの火かき棒」という論考が掲載されています。
内容はというと、「供述の信用性」に関する論考です。
タイトルにもあるように、ウィトゲンシュタインとポパーとの大激論を題材のひとつとしているのですが、それよりも面白いのはもう一つの題材である、上田豊三元最高裁判事の「『記憶』の風景ー初任時のある体験をめぐって」という随想に関する部分です。
これは、上田元判事や木谷明先生といった錚錚たる顔ぶれが並ぶ第15期のメンバーが、東京地方裁判所での初任時の配属先の決定方法について回顧するとい内容なのですが、面白いのは、この司法界最高の頭脳集団をもってして、回顧の内容が一致しないという点です。
いわんや、私たち一般人が過去の事実について記憶を頼りに供述してもそこに思わぬ記憶違いや思い込みが混入してしまうのは当然のことなのでしょうね。

今度、上田さんの随想の原文の本を読んで、刑事事実認定の分野で多くの論文を発表されている木谷先生が、この事件についてどのように事実認定されているのかを味わってみたいと思います。

鹿児島県弁護士会所属 弁護士 泉宏和
スポンサーサイト




鹿児島の弁護士事務所向総合法律事務所のHP
[ 2011/05/18 13:32 ] 本の紹介 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

mukailaw

Author:mukailaw
(向総合法律事務所)
住所:鹿児島県鹿児島市祇園之洲町53-1ひまわりビル3階
電話:099-247ー3531
FAX:099-247ー3534
HP:向総合法律事務所のHP

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
4121位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
九州・沖縄地方
472位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア