FC2ブログ
="outline">

鹿児島の弁護士 向総合法律事務所のブログ

鹿児島県弁護士会所属の弁護士向和典が所長を務める「向総合法律事務所」のスタッフブログです。主に鹿児島のニュース、情報について書いていきます。
鹿児島の弁護士 向総合法律事務所のブログ TOP > 法律 > 労働時間について①

労働時間について①

今日は少し真面目な(?)内容です。
今日は「労働時間」についてお話させていただこうと思います。

労働基準法32条1項は、
「使用者は、労働者に、休憩時間を除き一週間について四十時間を超えて、労働させてはならない。」
と定め、また、同条2項は、
「使用者は、一週間の各日については、労働者に、休憩時間を除き一日について八時間を超えて労働させてはならない。」
と定めています。
つまり簡単にいうと、法律上、労働者の労働時間は、1日8時間、週40時間までに制限されているのです。
(そんなことを言っても、私は8時間を超えて働いているよ~という反論もあろうかと思いますが、この点についてはまた次の機会に)

このように、労働者の労働時間は制限されているのですが、ではそもそも「労働時間」とはどういう意味なのでしょうか?

実は、「労働時間」の意味について、労働基準法には定義規定がありません。

そのため、労働時間の意義については学説上諸説あるのですが、最高裁判例では、
「労働者が使用者の指揮命令下に置かれている時間」(三菱重工長崎造船書事件・最一小判平成12・3・9民集54巻3号801頁)
と定義されています。
抽象的な定義ですが、その後、この基準を具体化する裁判例が数多く登場しています。
裁判例の多くは、広い範囲で「労働時間」性を認めており、労働者側に有利な認定を行っています。
そのため、裁判例では、使用者に多額の未払い賃金(残業代請求含む)の支払いを命じています。
これらの裁判例は、使用者側にとっては脅威となり、労働者側にとっては会社に対する請求を根拠づける重要な武器となります。

次回からは、この「労働時間」をめぐる裁判例を御紹介していきたいと思います。


鹿児島県弁護士会所属 弁護士 泉 宏和
スポンサーサイト




鹿児島の弁護士事務所向総合法律事務所のHP
[ 2011/05/17 10:28 ] 法律 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

mukailaw

Author:mukailaw
(向総合法律事務所)
住所:鹿児島県鹿児島市祇園之洲町53-1ひまわりビル3階
電話:099-247ー3531
FAX:099-247ー3534
HP:向総合法律事務所のHP

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
4121位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
九州・沖縄地方
472位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア