="outline">

鹿児島の弁護士 向総合法律事務所のブログ

鹿児島県弁護士会所属の弁護士向和典が所長を務める「向総合法律事務所」のスタッフブログです。主に鹿児島のニュース、情報について書いていきます。
鹿児島の弁護士 向総合法律事務所のブログ TOP > 2011年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿児島の弁護士事務所向総合法律事務所のHP
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大津秀一『死ぬときに後悔すること25』

死ぬときに後悔すること25―1000人の死を見届けた終末期医療の専門家が書いた死ぬときに後悔すること25―1000人の死を見届けた終末期医療の専門家が書いた
(2009/05/25)
大津 秀一

商品詳細を見る


著者は、1000人の死を見届けたという緩和医療医大津秀一さんです。
本書は、緩和医療医という仕事を続ける中で、大津さんが気付いたことなどをまとめたもので、これまで著者が看取ってきた患者さんたちが、死の間際にどのようなことを後悔していたかを綴ったものです。
本書の冒頭に、次のような記述があります。

けれども、その後悔の程度には大きな違いがあった。単純な話だが、明日しぬかもしれないと思って生きてきた人間は、後悔が少ない。明日死ぬかもしれないと思う人間は、限られた生の時間を精一杯生きようとする人間であり、一日一日に最善を尽くそうとする人間である。一期一会を思う人間である(5頁)。



後悔の少ない人生を送りたいものです。
また、本書の11項に、「遺産をどうするかを決めなかったこと」という項目があります。
弁護士として、遺産分割協議や遺産分割調停を扱っている立場からみても、このタイトルのとおりだなと思います。
故人が生前に遺言書を残しておいてくれたら、こんなに揉め事が長期化することもなかったろうに・・・と思うことが多々あります。
自分のためのみならず、残された者のためにも、遺言書はしっかりと書いておいたほうがよいですね。

鹿児島県弁護士会所属 弁護士 泉 宏和
スポンサーサイト

鹿児島の弁護士事務所向総合法律事務所のHP
[ 2011/05/31 10:46 ] 本の紹介 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

mukailaw

Author:mukailaw
(向総合法律事務所)
住所:鹿児島県鹿児島市祇園之洲町53-1ひまわりビル3階
電話:099-247ー3531
FAX:099-247ー3534
HP:向総合法律事務所のHP

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
2692位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
九州・沖縄地方
310位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。